Entries

雪山と川

あっという間に4月です。
夏時間にもなり、天気もよく、外遊びが楽しい季節突入!

カーニバルのバカンスが終わると、スキー場は一気に人がいなくなります。
春スキーが好きな夫と、
スキー&スノボ教室で上達した娘たちは
まだまだすべる気満々です。

天気のいい週末、シーズン最後の雪山。
次女もすっかりスキーガールに。


長女もすっかりスノボガールに。
IMG_1050.jpg

肝心な私ですが、スイスの雪山でスノボ引退を決意しましたが、
夫も娘もすべるとなると、やっぱり私もやらねば!ということで
ひっさびさにスノボを担いですべる気満々でいるも

物置に寝かしすぎたスノボブーツの底が外れてしまい
結局、すべることなく退散。。。
次シーズン用に、すでにスノボブーツ購入しました。。。

雪山もいいけど、春の村もいいよね。
ってことでお散歩です。

我が家でブームのインラインスケート。
IMG_1098.jpg

行く先は。。。川!
IMG_1107.jpg

川遊び解禁!
雪解け水は冷たいけれど、岩も石も砂も水もある川辺は最高の遊び場!
私は岩によりかかって、日光浴。

天気がよくて、時間があるときはいつも川にいます。
子供たちは、永遠に遊んでいます。
IMG_1216.jpg

来週からイースターバカンス!やったぜぃ!
スポンサーサイト

スキー教室で山籠もる

去年同様、雪不足のスイス。

ここスイスイタリア語圏でも雪山はいくつかありますが
雪不足な上、やっと降った雪も
連日の晴天&暑さですぐに雪が解けてしまい
ゲレンデは閉鎖されたり、、、と深刻な状況。

去年一日だけ始めてた長女のスノボ、次女のスキー。
私は軽くスノボを引退していて、笑
夫一人では一人スノボ、もう一人スキーを教えきれないってことで
かねてから我が家でスキー教室の話があがっていました。

で、2月にあるカーニバルバカンス中に送り込もう!となり
近隣で唯一ゲレンデがオープンしていて
なおかつスキー&スノボ教室をしているところを探し、早速申し込み。

6歳の長女はスノボ教室。
月曜~金曜の5日間、朝2時間、午後2時間コース。

4歳次女はスキー教室。
水曜除く4日間、朝2時間、午後2時間コース。

うちの村からは片道1時間弱。
有料送迎バスも出ていましたが、
うちの子供たちには往復2時間親なしでバスはまだ早いかな、と思い

幸運な事に、夫の友達がゲレンデのある村に冬場だけアパートを借りていて
コース中はアパートを使わない、という事で
私一人、娘二人で5日間山籠もりすることとなりました。

山籠もりしたBosco Gurin(ボスコ・グーリン)


標高1500m、人口50人いるか、いないかの小さな村。
ただバカンス用の家が多く、人の出入りはあるのでさびれた感じはなし。

ちなみに、小さいけれどスーパーも、パン屋さんもあるので
すごく助かります。

娘のスノボ初心者コースは7人。うち3人は中学生。
コースの中盤から小学生と中学生でグループ分けしたから良かった。
さすがにね、体力も出来ることもだいぶ違いますから。

次女のスキー初心者コースは、
幸運にも幼稚園で一緒のお友達2人含め5人。

ちびっこコースなので、朝午後2時間の間におやつ&トイレ休憩が入り
実質あまり滑っていない模様。。笑

私は、日中は子供たちコースでいないし、
10時~15時まで山で一人何してよう、って軽く心配でしたが
お昼に子供たちが食べるレストランで着替えやトイレのお手伝いをする、
という任務があり、行ったり来たりで
思いのほか日中はアッという間に過ぎてよかったです。

村から徒歩でゲレンデに向かう日々。
6-IMG_0862.jpg

どこ歩けばいいのでしょう?
3-IMG_0883.jpg

えっと、だから道どこ?!
4-IMG_0884.jpg

中休みの日は次女とお散歩。
5-IMG_0891.jpg

次女はちびっこコースなので、
リフトに乗らない場所でのコースだったので
送りやお迎えの時に、こっそり見ていたのですが

長女はリフトに乗って山の上でのコースだったので
どんなものかな、と興味津々で
最終日は私もリフトに乗りのぞき見しようかと。

どこだい~?!
2-IMG_0922.jpg

遠目に見つけるもおやつタイム。
結局滑ってる姿は見れずで、コース終了時間。

見たかったなーと残念に思っていましたが
コース最終日にスキー教室40周年記念イベントがあり
その時に長女のスノボ、
次女のスキーする姿を見ることが出来
その上達に感動!

やっぱり早いですねー。入れてよかった。

ただ、年長さんコースだとしっかり学んでる感がありましたが
次女の3~4歳コースは。。。
うん、あの金額を払ってだったら送らなくてもよかったかな、と。
やっぱり出来ることを教えられることの限りがある小ささですね。
自分たちでできた。

山籠もり中も、偶然にも何人かの友人が遊びに来て居たり
バカンスで来ていたりで
予想していた以上に快適で楽しい5日間になりました。

てことで、娘二人が雪山デビューを果たしたので
老体にムチ打って、私もスノボ再デビューすっかなー。

スイス小学校の謎。

早いもので、我が家の長女は
今年9月から現地村の小学校に通学しています。

スイスは9月~翌年6月中旬までが1学年で
州に寄って時期が変わりますが、
ここイタリア語圏では、
約2か月毎に9日間~2週間ほどのバカンスがあります。

ただでさえ、9月~6月までの9か月間しかない上に
2か月毎に、割かししっかりした休みがあるので、
あっという間に1年が終わります。

これは幼稚園も同じ。

が、小学校ってどうなの、って全く知らない状況で夏休みを迎え
かろうじて役所から始業日と、
始業時間が8時半であることだけは知らされ、
それで始業日。

ちなみに入学式もなければ、制服もないし
ランドセルもなし。
初日は教室まで入れて、2分くらい写真タイムでバイバイ。

しかも8時半と書いてあったのに、8時20分にチャイムが鳴っていて
娘と二人で大慌て。

8時半に始まるための、1回目のチャイムが8時20分に鳴らされるらしい。
で、そのチャイムのあとに、みんな校内に入るらしい。
これも知らず。ママ友からの情報。

噂で聞いていた室内履きとリュックだけはかろうじて用意していったけれど
それは私がママ友から聞いて得た情報であって
オフィシャルでは全く何も用意するものは聞かされずにスタート。

結局、各自用意するのは、
室内履き、筆箱、プリント持ち帰る用のクリアケース、図工用のスモックのみで
あとは全て学校から支給されるとのこと。

ちなみに、持ち帰ってくるのはほぼないので
毎日手ぶらで通学。リュックもなしでOK。

現地校では、1年生~5年生まで(スイスの小学校は5年生まで)
同じ時間で勉強。

8時20分登校、8時半授業開始、
11時45~13時30分までお昼休みで自宅へ帰り
16時に下校。

朝行って、お昼に家へ帰り、また学校へ行き、学校から家に帰る。
1日に家と学校を4往復!体力勝負!

で、初日からいきなり16時まで学校!かなりハード。
ただ最初のうちはほぼ遊んでいるばかりらしい。

で、日本とだいぶ違うのは
教科書というのが配布されていないらしく
先生によって教え方や授業の進め方が統一されてない事。

家に持って帰ってくる教科書もないし、
時間割もなかったので、
スイスで育ってきていない私には、
何の教科があって、いつ何を学んでいるのか、というのが
全く分からずで。

しかも娘は何をしたか聞いても、
ほぼ、お絵かき~、と答えるので、ますます分からず。

しかもうちの担任の先生は
宿題を全く出さない主義らしいので、
本当に何をしているのか、どこまで進んでいるのか分からない!

うちの村は、前年両隣村と合併をして
1,2年生はそれぞれ住んでいる村の小学校へ、

3年生以降は、合併した3つの村で
学年ごとにクラスを設けることになっています。

ちなみに長女が通う村の小学校は
1年生が9人、2年生がおそらく12人ほどの
1年、2年生合同クラス。

で、そんな謎だらけの日々を1か月ほど過ぎて
ようやく担任の先生による説明会。

そこでイタリア語、算数、理科的なもの、
体育、音楽、図工、宗教(希望者のみ)があるらしいことが判明。

ちなみに算数は20までの数を使った計算が1年生の課題らしい。

宗教はカトリック、プロテスタント、その他で希望を出し
カトリック、プロテスタントはそれぞれ外部から先生が来て学び、
その他を選んだ子供たちは、まとまって自習しているらしい。

で、体育はうちの村の小学校には体育館がないので
天気がよい9月中は小学校のグラウンドで授業をして
雨が降ったり10月以降寒くなってきたら
隣村の小学校まで歩いて、体育館での授業。

ちなみに、体育のときは動いてお腹がすくので
おやつとお水持参OK。

で、おやつって何もっていけばいいのか
これまたオフィシャルで全く知らされていないので
ママ友に聞いてあるくと

どうやら虫歯になるような甘いものは不可。
果物や、クラッカーなどがいいらしい、と噂。
でもバナナはダメ。なぜ?!

で、体育以外の日でも休憩中に食べれるように
おやつは毎日持って行ってもいいらしい。

て、こうゆう事なんでオフィシャルで教えてくれないかなー。
育ってないからわからないんだってー。

で、学校も始まりようやく6週間くらいたって
娘が時間割を持って帰ってきました!

それがこれ。


8時半から45分間が1限となって、
休憩ははいったり、お昼が入ったり、
音楽があったり、体育があったり、宗教があったり、図工があったり。
ふむふむ。。。。

て、他の空白多すぎますけど、
だから、この時間何してんですかー!!!!!!

この時間割で分かったことは、
1限が45分ってことと
外部の先生が来るときにする授業のみ。

だから、担任の先生が何をいつしてるのか聞きたいんだってー。
え?これでいいの?
全っ然分からないんですけど。

入学してから2か月がたち、
ようやく数字が10まで書けるようになり、
筆記体の練習をしていることまでは、
何にも話してくれない娘からようやく聞き出した情報と
ママ友から聞き出し得た情報。

うちの担任の先生は宿題も出さないし、
なんだか、ゆるーいだるーい雰囲気を醸し出しているおっさんで
とにもかくにも、不透明な部分が多すぎて、すっきりしまてん。

来年1月頃には、中間評価と個人面談があるので
その時にようやく先生と話し合えて、
娘がどうなのか聞けるのですが
それまで宙ぶらりん。待つしかない。

娘は学校は張り切って通学しているので
それは本当にありがたいし、うれしい限りなのですが、
はー、わからないことが多すぎるぜ、ここの小学校!

また謎が解明できたらブログにアップします。
以上小学校編でした。

秋晴れの週末には

こんにちは。もう11月。
スイスは夏時間から、冬時間へ戻り、
夕方すぐに暗くなるし、寒いしで、冬まっしぐらです。

お天気がよく、夫の予定が入ってないという貴重な週末
久々に山のお家で1泊してきました。

住んでいる村からすべて歩きでも到着できるのですが、
今回はスケート教室の後での午後出発になってしまったので
時間節約のため、車で20分ほど少し山を登り、
そこからさらに20分ほど徒歩にで行くことにしました。

家の近くで遊んでいたら、、、放牧中のヤギが!


ヤギって乗っていいの?!
3-IMG_4826.jpg

ここいら辺は、ヤギだけでなくロバもいます。
そして放牧している牛軍団もいて、
こちらに遭遇すると、なかなか怖いです。

日がまだ高かったので、近くのビューポイントへお散歩。

意外に高い標高でした。
5-IMG_4778.jpg

カトリックが浸透している土地なので、山といえども教会関係多し。
6-IMG_4785.jpg

マッジョーレ湖(Lago maggiore)を見下ろして。
7-IMG_4786.jpg

気が付けば、みんな昼寝。落ちないでよ!
8-IMG_4796.jpg

山の家に戻り、今度はそこいらじゅうに落ちている栗拾い。
今年は豊作の様で、いたるところにプリップリの栗天国!

ちょっと拾っただけで、はい、こんな量。
1-IMG_4811.jpg

でも、焼き栗にすると一瞬でなくなります。
山から栗を持ち帰り、ほぼ2日おきに焼き栗してました。
栗、どんだけ~!

きのこも発見。
4-IMG_4836.jpg

私は以前キノコが苦手で全く食べておらず
キノコ歴がめっぽう浅いので、キノコの種類なんかも疎いのですが、

山のキノコには下手に触るな!と常に警戒している夫が
これ、おいしいよ~、というので食することに。

内心ビクビクでしたが、何事もなくおいしくいただきました。

秋の味覚といえば、もう一つ。
村周辺の地域のみで、この時期にしか食べられないという
羊のソーセージ、チチッ(cicit)!

クセのある味なので、好き嫌いはあると思いますが、
我が家では毎年おいしくいただいております。

暖炉で焼くべし!
9-IMG_4750.jpg

9日間の秋休みを終え、
待ってましたとばかりに、周りは一気にクリスマスモード。

クリスマスプレゼントに、夫の誕生日に、
子供たちのアルバム作りに、オリジナルカレンダー作りに、
楽しくもあり、バタバタし始める時期。

私はパソコン漬で、
目はシバシバ、肩はパンパンのすでにお疲れモード。笑

クリスマス、年末に向け、がんばるぞー!オー!

秋がくる、冬がくる

9月からの新生活にバタバタしながら、
早くも1か月がたち、生活もリズムが取れてきました。

8月に誕生日がある、次女。
日本ではお祝いしたのですが、スイスではまだだったので
新学期を待って、幼稚園のお友達を招待し、
遅ればせながらのお誕生日会を行いました。

元気いっぱいの年長さんと年中さんを中心に、子供18人!


大好きなミニオンズでお願いしたケーキ!
10-IMG_4319.jpg

ピニャータもミニオンズで!
13-PICT9550.jpg

小さかった次女ももう四歳。
これ以上大きくならないでね、と毎日言い聞かせています。
さみしい~!

夏の終わりの山登りも。
03-IMG_4539.jpg

野放しのヤギに囲まれて、やや怖かった。
04-IMG_4565.jpg

長女はついに小学校入学!ピカピカの一年生!
14-IMG_4270.jpg

とは言え、入学式もランドセルもないので
心に染み入る感動的なものではありませんが、
本人はいたってやる気満々!

小さい村の小学校なので
一年生と二年生の合同クラス。総勢22人。
あまり覇気のないおっさん先生ですが、子供たちからは人気。
教室にはマスコットのサイが子供たちを出迎えてくれています。

日本と違うのところはいっぱいあって私は分からないことだらけ。
たくさんありすぎるので、いつかブログでアップしたいテーマ。

そして長女、次女ようやくスイミング教室へ!
05-IMG_4511.jpg

川によく行くのと、やはり水はなめてはいかん!てことで
ある程度まではしっかり学んでほしく、9月から11月までのコース。
子供たちは水が大好きなので、喜んで行ってくれます。

そしてようやく長女6歳に!
満6歳になる前に、小学校入学しちゃっていたので
これでみんなと同じ6歳。

ピカピカの一年生10人を招待してのお誕生日会!
01-DSC01633.jpg

ディスコしたり、組体操したり、庭で駆けまわったり。
02-IMG_4594.jpg

一か月前までは、まだ川で泳いでいたのに、
今朝の雨で、近隣の山々の頂にはうっすらと雪が。

夏が恋しいよ~。。。
06-IMG_4476.jpg

Extra

プロフィール

cicolina

Author:cicolina
2007年、スイス・イタリア語圏に嫁入り。
2010年、長女ピッコリーナ誕生。
2012年、二女バンボリーナ誕生。
ど田舎生活と育児をバタバタり楽しみながらも
目指すは夫とバイクで世界一周!

検索フォーム

QRコード

QR